archive / 434 / 435 /

8/8(tue,) 2017

今日からまた大きな絵を描き始める。下準備だけは昨日済ませてあるので、今日はすぐに描画作業から。言葉にするととても当たり前の事だけど絵は「観て考えて描く」ものだ。30年以上も絵を描いていて、今頃こんな事云ってるのもイカレているのかも知れないけど、つくづくそう思う。作業をしていると、どうしても思い描いたイメージの様に描けない事がある。これは、ひたすらそのうまく行っていない画面を観続けて、考える事でしか解決しないんだよね。そして穴が空く程観て、考えれば、いずれうまく行かない理由とそれを解決する方法が分かる。勿論分からないまま絵が失敗に終わる事もあるけれど、ともかく画面を観て、考える、意外に方法はないと思うな。あ、でも自分の場合これは、主に大きな作品に対して思っている事かも知れない。小さなイラストについては、描き込まずに簡素な描き方で、とにかく思い付いたアイデアをどんどん描いてみるっていう方法なので、イメージ通りに描けないなと思ったら、じゃあ次って感じかも知れない。

*

8/9(wed,) 2017

ギタリストの小山耕太郎さんが亡くなったと云う知らせに驚く。約2年前に共通の知り合いの追悼ライブで小山さんの参加するバンドとご一緒した時にお会いしたのが最後だった。スゴいギターを弾く人なんだけど、気さくで優しい人だった。ナイスガイって言葉が似合う、誰からも好かれる様な、でも嫌みな感じは全然なくて本当に自然にそう云う人だった。小山さんは僕の旧い友人と一緒にバンドをやっていたりしたから、僕は一方的にかなり前から知っていて、ライブで聴く度にギターの巧さにビックリした。ここぞ!って云うタイミングで音を入れる。技術も充分にある人だと思うけど、技術を聴かせるような演奏は全然しなかった。一見ラフで豪快に弾いているように見えるけど、繊細に周りの音をよく聴いて演奏しているのが素晴らしかった。僕はそれほど親しかったわけではないけれどとても残念です。身近な人達の悲しみを思うと胸が傷みます。一番大切な人を喪う悲しみはどれほどのものだろうか。

夏は寂しい季節になりそうだ。大好きな山口冨士夫さんが亡くなったのも夏だったし、昔一緒にバンドをやっていた相澤純一郎が死んだのも夏だった。もちろん夏以外に亡くなった人も何人もいるけれど。

「歳を取るのもまんざら悪くない」なんて定番の台詞を云い始めたのはいったい誰なんだろう?歳を取れば寂しい事は増えるし、楽しい事は減る。やらなきゃいけない事は増えるけど、人生の残り時間は減る。歳を取っていい事なんて見当たらない。

若い頃の寂しさなんて水で薄めた夢みたいなものだ。今になって手元に残る寂しさの手応えを思えば。

*

8/11(fri,) 2017

「僕はもう二度と歳を取らない。歳を取ったっていい事はない」とポコペンさんが歌ったのは彼女が32歳の時だった。歌詞には続きがあって、ちゃんと32歳なりの決着に向かうのだけど、冒頭のこの歌詞が僕はとても好きだ。歳を取ったら強がったり、物わかりの良い振りをしなきゃいけないって決まりでもあるのかな?

「云ったって仕方がない事」を、云い続けるのが生きているって事なら、こんなに慰めになる歌詞は滅多にないと思う。

そんなポコペンさんは、先日バイト先の20代の若者とワインを飲みながら語り合ったそうだ。若者が「ボサノバやってるんですよね〜?」って、まるで演歌やってるんですよね〜?みたいな云い方で訊いて来るからさ〜、「ボサノバみたいな高度な音楽は出来ないわよ、もっと色々聴いてるよ」って云ったら、例えばどんなの?って訊くから、つい「ボブ・ディランとか」って答えたら爆笑されちゃってさ〜、。

若者からすればボブ・ディランなんてノーベル賞もらったジジイくらいにしか思ってないんだろうな。

「親の皆さん、若者を理解しようとなんてしなさんな。無理だから。遅れて来たものが一番になり、一番はビリっかすになる。時代は急速に変わリつつあるのだ」

さすがノーベル賞だ。「どんな気がする?」って訊いてみたい。

*

8/12(sat,) 2017

ちょっと打ち合わせに出かけた帰り道。電車で隣に座った僕と同じくらいの年齢のおっさんとまだ新入社員かと思われる若者の会話が聴こえてくる。おっさんは若者の関心がありそうな事を話題にしようとがんばっているけど、多分どうしようもなくズレているので、若者は困りながらも、慇懃無礼な程丁寧に距離を取って応えている。どちらが悪いわけでもないので、どちらも気の毒だけど、同じおっさんとしては、やはり安直に若者と仲良くしようとしてはいけないんだなとあらためて思う。とは云え仕事上の付き合いであっても、あまり殺伐としてるのも嫌だろうし、大変だな、。

しかし今日の打ち合わせはなぜか疲れた。気圧の加減かしらね。

*

8/14(mon,) 2017

再びの宣伝で恐縮ですが。町田のルミネ5階の雑貨屋さん、quatre saisons 町田店にてイラスト展開催中です。今度の日曜日(20日)までやっています。
是非足を運んでみてくださいね。
http://www.quatresaisons.co.jp/boutique/machida.html

相変わらず絵を描きながら、一方では曲作りに精を出したりもしていて、引きこもり気味ながらも忙しく過ごしています。

今日は山口冨士夫さんの命日でした。別に命日でなくてもいつも山口さんの音楽を聴いているのですが、今日も聴きました。毎年こんな事を書いたからって、どうと云うわけではないけど、尊敬する音楽家が亡くなってとても残念だった事を忘たくないんですよね。

このところは涼しい日と蒸し暑い日が交互になるような煮え切らない毎日ですね。

*

index