archive / 464 / 465 /

6/4(mon,) 2018

なんとなく「暴風雨警報」と云うイタリア映画を観る。観た理由は評判があまり芳しくないところが気になったから。

内容はとてもシンプルでイタリア映画らしい人間愛を描いたもの。ある万年不機嫌なおばさんのところへ、ひょっこり現れたおじさん。このおじさんがおばさんに「わらっていればきっといいことがあるよ」と云う感じをなんとなく伝える、と云うだけの内容。両者の身の上や背景は殆ど説明されず(ちょっとだけされるけど)、出来事もたいした説明がなく唐突に起こる。

こう云う作品は「訳がわからないのでつまらない」で片付けられることが多い。確かに優れて複雑なストーリーテリングを期待するならまるで肩透かしだと思う。思いがけない閃きの序章から、複雑に張り巡らされた伏線を伴って物語が進行し、終盤ではカタルシスを感じるくらい見事に伏線が回収されて物語が収束して行く作品も世の中にはたくさんあるし、そんな優れた物語の中には人生や人の心の有り様についての深淵な理解を感じさせるものもある。でもそんな「優秀さ」をまるで必要としない人生もあるのだと、こう云う物語は教えてくれる。

甚だ手前味噌で恥ずかしいのだけど、僕が12年ほど前に書いた「ノアラとヨッコラ」と云う物語は殆ど誰からも見向きもされず、数少ない関心を持ってくれた人達からも「ピンとこない、分からない」と云う感想を多くもらった。それは単純に仕方がないと受け止めていたけれど、ともかくあの頃の自分には書く必要があったのだね。

この映画で唯一好きになれなかったのは、ラストで大仰にラベルの「ボレロ」を使うところ。とても好きな曲だけど、この映画ラストはBGMナシだったらもっとしみじみとしてよかったのに。でも映画にはどうしてもスポンサーがあるから、キャッチーな演出をしてスポンサーを納得させなければならなかったのかも知れないな。

*

6/5(tue,) 2018

知り合いのfacebookの投稿を読んで、そうだよなと思う。以下カッコ内は引用。

『ストレスまみれで安くておいしい消費をつづける暮らしを「やばい」と立ち止まりたい。人権(自分自身ふくむ)とひきかえの安逸と快楽』

僕はありがたいと思って散々利用しているので何も云えないんだけど、食べ物に限らず価格設定に何故?と思う製品や対応は多い。アマ*ンで買い物をした時の驚く程早い配送と送料の安さは運送会社の特に末端配達員にどれほどの無理を強いているのだろうか?ユニクロの製品の価格が成り立つ為に、あらゆる行程において無理を強いられている人達がたくさんいるのだろう。

自分の事を引き合いに出して恐縮だけど、僕は以前、一生懸命描いた大きな絵を2~3万円で販売していた。それでも買ってもらえればありがたかった。でもその価格設定だと制作に費やした労力や時間には全く見合わない。なのでここ数年の間に少しずつ価格を上げて、現在はほぼ倍額になっている。単純に以前より売れ難くはなった。以前からの知り合いには随分上げましたね?などと云われる事もある。別に人からどう思われても構わないけれど、最近の価格設定は自分では「フェア」だと思える範囲内の「なるべく安い設定」だと思っている。でも買ってもらえなければ困るんだよね、やっぱり。

とは云え、僕は買う側なら、安い方がよいと思ってきた。自分がもらうときだけ「フェア」だと云っているのは恥ずかしい。でも適正な価格を支払うには金が要る。どうすればいいのか分からない。まあ絵なんか描いてないでもっと真っ当な仕事をしろって事だよな。

*

6/6(wed,) 2018

またもやfacebookの投稿でとても心に残った言葉があった。以下カッコ内は引用。

『ぼくにはなにかをつかむ才能がないよ。子ぐまが言った。クマが答えた。何かをつかむのに必要なのは才能じゃない。日々をなんとかより良くしようとすることでつくられる土台さ。その土台があるからつかめる。なにかをつかむひとは、その地味で神聖な土台を、一時の感情や怠惰で見捨てなかっただけだよ』

よい言葉だと思う。諦観を美しいと思えるのは若い頃のほんの一時のことでしかない。老いに伴う切なさや惨めさを知らないから。「地味で神聖な土台」とはあらゆる諦めの中で懸命にもがき続けることでしか築くことは出来ないと思う。と、偉そうに書いているけれど、これは本当に自戒を込めて思うこと。

因みに上記の投稿は僕より遥かに若い人のもの。僕も若い頃にこんな風に思っていたら、今はもう少しマシだったのだろうか?

*

6/7(thu,) 2018

寂しさは身体を軽くする。

頭上を見上げれば、

空との間を滑るように駆け抜けたあの鳥は、

あんなに急いでどこへ行くのか?

そこへ行けば寂しくはないのか?

*

6/8(fri,) 2018

相変わらず部屋に引き蘢って絵を描いています。梅雨入りで空気が重たくなって、蒸し暑いけど静かで過ごし易いです。落ち着いてやるべき事に集中したいと思います。

*

index