archive / 458 / 459 /

4/2(mon,) 2018

使っているマックが旧すぎてネット見物が随分不便になっているけれど、YouTubeは案外観られるので、時々面白そうな音楽を探していろいろ聴いている。最近は国内の自分たちと同じような場所で演奏している人達を聴く事が多い。

大雑把な云い方になってしまうけど、最近の人達って日記みたいな音楽をするんだなと思う。プライベートな音楽だとは僕らも随分云われて来たけど、それより更に個人的な感じがする。もちろん僕の印象はごく一部の人達に対してのものだから、全般を指して云っているわけではないけど。

僕は若いころから今に至るまでそう云う個人的な音楽や絵に興味があるし好きなものが多い。でも個人的な中にも他者に向かって放とうとされた感じがしないと好きにはならないな。そりゃそうだ。会話と同じでキャッチボールにならなきゃ誰も聴かない。でも多くの支持を集めるような「なあ、みんな、そう思わないかい?」みたいなのは若い頃からずっと苦手でもある。

*

4/4(wed,) 2018

僕が若い頃からずっと続けている音楽はsakanaだけ。他にもいくつかのユニットみたいなものをしたけれど、どれも長続きはしなかった。僕は音楽に関しては1人では何も出来ないので、僕にとって音楽は誰かとやる事だ。誰も一緒に演ってくれる人がいなくなれば音楽はやめると思うけど、ポコペンさんがずっと一緒に演ってくれているので音楽を続けて来れた。一緒にsakanaを30年以上やってきて15枚のアルバムを作ったけど、現在流通しているのは2枚だけ。その中で自分たちが直接関わっているのは最新作の「Campolano」だけ。つまり殆どの作品は自分達の手の届かないところで放ったらかし(廃盤)になっている。残念ながらこの先流通する見込みは全くないし、自分たちでそのために行動する気もバカらしいので全くない。今はいい時代なので、音源を売って金にしようと思わなければ、いくらだって作品を公開する場はある。と云うわけで、これから少しずつ気に入った曲を選んで、過去の音源をYouTubeにアップしていこうと思います。取り敢えず2003年リリースのアルバム「sunny spot lane」から以下の2曲をアップしました。よかったら聴いてみてください。今後も日記更新のタイミングで2~3曲ずつアップします。

ポコペンさんが人に伝えたい事がこれほど素直に語られている曲は他にないかも知れません。
「merci neighbor」https://www.youtube.com/watch?v=Ek2ozVc_G70

仄かな希望に関する記憶の歌です。
「sunny spot lane」https://www.youtube.com/watch?v=uGRjtK_b52I

*

4/5(thu,) 2018

今日は吉祥寺Liltにて、吉田悠樹さん清岡秀哉さんとのトリオ「blue coyote」のライブでした。Liltさんの心地よい空間で全14曲を演奏させてもらいました。演奏の前後のBGMの選曲が相変わらず素敵でした。聴きに来てくださった皆さん、お世話になった皆さん、どうもありがとうございました。

*

4/6(fri,) 2018

先日音楽は誰かとする事と書いたけど、逆に1人じゃないと出来ないのが絵を描く事。37歳の頃からイラストを描いて仕事をもらうようになって現在に至っているけど、それ以前は全然金にならなくても毎日バカみたいに絵を描いていたし、これから先、絵を描く仕事がなくなってしまっても絵を描くのをやめる事はないと思う。

なんの自慢にもならないけど、僕は子どもの頃から勉強はさっぱり出来ず運動もダメで素行が悪く、学校の先生からも親からもどうしようもないダメなやつと云われて育った。だから学校にいるのも家にいるのもイヤで、中学生になると放課後は近所の繁華街をウロウロするような子どもだった。当時僕が住んでいた辺りにはまだゲームセンターと云うものがなかったけど、もしあったら入り浸っていただろう。学校の他の生徒達からも、あいつはダメなやつと思われていたので仲の良い友達もいなかった。そんな頃、なぜか絵を描く事が好きで、学校の授業で絵を描かされる時だけは真面目に描いていた。そして周りの生徒からこいつ絵だけはうまいなと云われる。先生も絵だけは褒めてくれるのだった。そんなわけで初めて「やっても怒られない事」が出来た。絵を描いている時だけは「いつ文句を云われるのだろう?」と思わずにいられたわけね。僕がずっと絵を描いているのはそれが今まで続いているだけなのだ。だから金にならないからと云ってやめられるはずはない。

*

4/7(sat,) 2018

初夏の様な陽気が続いていたけど、一昨日辺りから少し涼しいですね。まだこのくらいであってほしいな。近所の桜はすっかり葉っぱになったけど、花酔いの季節はちょっと苦手なので、僕はこれからの方が助かります。ゴールデンウィークが過ぎる頃になると花粉症が落ち着くのでいいんだよね。

季節の移り変わりも、人の心の移り変わりも慌ただしい事にかわりはなくて、気が落ち着く暇もない。部屋に引き蘢って絵を描いているとそんな事を忘れてしまいそうになるけれど、あ、イカンなと思い直す。

ヤフーニュースが、引き蘢りの人達がそのまま初老世代になって来て、その数がかなりのものだそうで社会問題になりかねないと報じていた。人ごとじゃない自分。どうすればいいのか?と思う。今まで力を注いだ音楽はまるで金にならず、絵だって先への見通しは何もない。小田急線の駅清掃員、車両清掃員の募集はいつもチェックしている。来月こそは面接に行くべきだろうか?

*

index