archive / 469 / 470 /

8/1(wed,) 2018

今更ながら思う。人を好きになる条件って誰にでもそれぞれあると思うけど、自分にとっては「尊敬出来る」のが大きいと思う。そしてその為に不可欠なのが「信頼出来る」事。こんな云い方をすると随分偉そうで一方的だけど、これは相手にとっての自分を含めた合わせ鏡のような条件だと思う。相手にとって信頼に足る自分でなければその間柄に尊敬もなにも成り立たない。人を好きになるって随分難しい事だなあ、、と思う。自分が思っている好きだの嫌いだのがなんだか虚しく感じられる。でもそんな事を思ってるだけで十分な気もするんだよね。少なくとも自分はそんなに立派じゃいられないもの。

*

8/2(thu,) 2018

ちょいと必要があって絵の旧い作品を押入れから出して整理した。12年前の作品は思いっきり変色していて残念。最後に塗布したウレタンのニスが黄変を通り越してオレンジ色になっていた。10年くらい前からは仕上げに塗るのはリキテックスの仕上げ剤に変えたのでそれ以降の作品には上記のような変色はなかった。それにしても5~6年前のものでも今とはタッチが随分違っていて面白かった。変えようと思ってやっているわけじゃないし、でも一定のタッチを維持しようとも思っていないから知らず知らずのうちに変わってしまう。以前のタッチがよかったとか悪かったとかは思わない。でも以前のタッチはもう再現出来ないって事は確かなんだよね。まあ音楽でもなんでもそうか。昨日を生き直すなんて不可能だもの。

*

8/3(fri,) 2018

20代後半の頃、最低でも1日1曲作ろうと思ってせっせとカセットに録音していた時期がある。2年くらい続けたと思うから随分たくさんのテープを録音(消費)した。その頃のテープは全く残っていないけど、録音に使っていたMTRは残っているので久しぶりに引っぱり出して動かしてみた。カセットMTRはテープの走行系が壊れてなければたぶん使える。ミキサー部はフェーダーやツマミにガリがあったけど、接点復活剤をスプレーしてしばらく動かしていたら大丈夫そうだ。適当なテープでギターを録音してみる。サ〜〜〜っと云うカセットテープ特有のヒスノイズが懐かしい。ドルビーを入れれば少しマシになるけど、押さえ付けたような少し遠い音になってしまうので使わない。やっぱりとてもよい音。DAW、デジタル録音に慣れた耳にはザラザラした心地よいアナログテープの音質はとても新鮮。そうだった、今までしてきた様々な録音作業で一番好きだったのはカセットMTRの音だったのだと再確認した次第。聴いていて楽しい音なんだよね。楽器みたいな音って云えばいいのかな?まあでもデジタル機器の便利さも大いに感じているから、併用出来たら面白いと思う。

*

8/5(sun,) 2018

へえ〜、こんな偶然ってあるもんなのか?と思う事があった。ネット時代ってのはホントに便利なものだな、どんな情報も検索で瞬時に知れてしまう。知りたい事も知りたくない事も簡単に知れてしまう。タイミングやらなんやら、成る程なと。

*

8/6(mon,) 2018

以前にも書いたかも知れないけど、いなり寿司や太巻きなどが好き。スーパーで売ってるものでいい。刺身が乗っかった江戸前の寿司には全然興味ない。で、今日駅前のスーパーに「田舎巻き」と云う太巻きが売っていて良さ気だったので買ってみた。たいへん美味しかった。具はゴボウ、セリ、卵焼、干瓢、田麩。セリとゴボウが利いている。明日も売っていたら買ってしまいそう。暑い時期はあったかいご飯よりこういう方が食べやすいよね。明日は少し涼しいらしいけれど。

*

index