archive / 423 / 424 /

3/31(fri,) 2017

ちょいと用事で出かける。とある駅構内から地上へ出る為の長い階段の途中を、90歳くらい?と思われるお婆さんが手すりに掴まりながらゆっくり登っている。その横に寄り添ってお婆さんの腕を支えながら「大丈夫ですか?この階段は長いですよね〜」と声をかけて一緒に登ってる若者がいる。若者は20歳くらい。会話の内容で通りがかりの見ず知らずだと分かる。立派な人だなと思う。と同時にこの若者が居なかった場合、自分には到底出来なかっただろうと思うのでとても残念。これからは見習いたい。親切な人、正直な人には本人がその気になれば誰だって成れる。そう云う事っていいなと思う。「誰にでも出来る事じゃない」ものなんて大した事ない。

*

4/1(sat,) 2017

明日のライブに備えてポコペンさんとsakanaの練習。今回も新アレンジが幾つかあって覚えるのが大変。誤解が無い様に書くけど、アレンジを変える事が習慣になっているわけではないですよ。こうすれば今までよりよくなるだろう、と思って変更しているんです。無論見当外れな事も時々あるんですけど、よくなったと手応えを感じる時もあります。今回の変更は地味ながらよくなったと思うな。

*

4/2(sun,) 2017

と云うわけで本日は神保町試聴室にてsakanaのライブ。ご一緒した戸井安代さん率いる「畔」さんの映像と音楽、とても素晴らしかったです。海の生きものたちの命の営みを静かに見守るような映像は、一枚の絵として観てもとても美しいものでした。6人編成で奏でられる豊かな音楽と相まって、悠々とした時の流れを感じ、まるで古い中国の民話の世界に迷い込んだかのような心持ちで楽しく鑑賞しました。

sakanaはアンコールでポコペンさんが突然、畔でギターを弾いていた清岡秀哉さんを呼び込んで自分のギターを手渡し「これでテキトーにプイーンとか弾いてください」と無茶振りしたので、急遽なるべくシンプルで分かり易そうな曲と考えてミスマホガニーブラウンと云う旧い曲を3人で演奏しました。どうなるのかな〜?と思ったんですけど、清岡さんが素晴らしいギターをキメてくれて楽しいひと時でした。聴きに来てくださった皆さん、お世話になった皆さん、どうもありがとうございました。以下セットリストになります。

1.バウンティフリー
2.たとえば
3.暗くなるまで
4.モナ
5.夜
6.アンジェリケ
7.スマイル
8.ジニア
9.ルピナス
10.コーピアスシャワー

enc,
1.ミスマホガニーブラウン with 清岡秀哉さん

*

4/3(mon,) 2017

ポコペンさんは2ヶ月くらい前に前髪を短く切って印象が少し変わりました。その前にも前髪をクルクル丸めておでこの上で纏めたようなヘンテコな髪型をして歌ったりしてました。それ以前だってパーマを当てたり、切ったり、編んだり、数ヶ月に一回はちょこまかと髪型を変えています。僕は20年以上同じ髪型です。自分でぞんざいに切っているので厳密には同じには出来てないですけど。それ以前は伸ばしっ放しの長髪でした。床屋に行ったのなんて17歳の時が最後でしたから、もう36年くらい行ってません。ポコペンさんの髪型に向けるマメなエネルギーに感心すると同時に、自分は「何かを楽しみ損なっているのではないか?」と思ったりします。ポコペンさんは毎日ワインを飲んで楽しそうにしてますが、僕はアルコールは飲みません。しかし全て自ら選択している事なので、別に自分は「損してる」と思ってるわけじゃありません。ただ物事を楽しむのが下手なのかな?とは思うんですよね。

*

4/4(tue,) 2017

先日チャック・ベリーが亡くなった事を書いたけど、引き続きチャック・ベリーについて。数年前に音楽評論家の湯浅学さんがチャック・ベリーの初来日公演の舞台裏について書いた文章を読んだ。日本にもファンの多いチャック・ベリーの初来日なので公演は大いに盛り上がり、終演後もアンコールを求める拍手が鳴り止まない。舞台裏では主催者側が「あんなに盛り上がってますから是非アンコールを受けてください」と頼んだものの、チャック・ベリーは「契約書で約束した分の演奏はちゃんとやったぜ、なんでこれ以上演奏しなきゃいけないんだ?」と怒って取り合わなかった。、、と云うような話しをチャック・ベリーの世知辛い人柄の面白エピソードとして描いたものだった。「黒人の成り上がりものには年金なんかありゃしねぇんだからガッチリ稼がなきゃ」って感じで文章は結ばれていたと思う。読み物として面白かったし、別に内容に間違いを指摘したいわけじゃないけど、でも見知らぬ日本くんだりまでコンサートにやって来て「大いに盛り上がったコンサート」をやり終えて颯爽とステージを降りて来たんだから今更戻ってまた演奏するなんて勘弁してくれって気持ちはあったと思うんだけどな。それに、お客が「好意的」なんだから当然アンコール受けてくれますよね?的な物言いがイヤだったんじゃないかなと思う。それって当たり前にムカつくよね?あの公演は娘も一緒だったし、ヤレヤレって感じでさっさと宿に帰って晩飯でも食ったんじゃないの?

*

index