archive / 424 / 425 /

5/17(wed,) 2017

久しぶりの更新です。ここ一ヶ月半は明後日から始まる岡山での個展の準備に追われていました。今回は予算の都合で自分で設営に行かれないので、お店の方にお任せでお願いする事になったので、二日前、つまり今日岡山のお店に着くように作品を梱包して既に送ってしまったので、もう準備は終わったはずなんだけど、今日も部屋で黙々絵を描いている。今回の準備の最後に描き始めた風景画が思いがけず時間がかかってしまって未だ完成しない。もう七割は出来ているのでこのまま完成させたいけど、今回の個展で展示するのは諦めている。

僕が描くのは人物か静物か風景なんだけど、風景は他に比べて格段に時間がかかる。僕が描くようなシンプルな風景画でも細かな描写が結構多いのと、どうやって描けば思った効果が得られるかについて試行錯誤を繰り返しながら描く所為だと思う。例えば樹々の枝や葉、地面の砂利、空に散る鱗雲の切れ端、、などを一つ一つ描く事は不可能。とすればどうやって「そう見えるように描くか?」と悩みの連続なのだ。

さて少し話しは変わって、仕事上のメールのやり取りで相手に何かを頼みたい場合、相手に具体的に分かり易く自分の意図を伝える為に、誰でもある程度文章を整理するよね?なるべく誤解が生じないように、話しが混乱しないように順序を考えて、丁寧に伝えようとするよね?

僕が絵を描く時に考えているのは、そう云うのと同じ作業だと思う。自分が描きたいとイメージした人物や風景がどうやったら観た人に分かり易いように描けるだろう?と云う悩みにつきるんだよね。その悩みは無論人物や静物を描く時だってあるんだけど、風景はその悩みの数がとても多いから時間がかかるんだな。

そんな事を考えながら今日も絵を描いている。

*

5/18(thu,) 2017

もし絵を描いている時の気分を一言で表そうとしたら「楽しい」意外には思い当たらない。強がっているわけでも、良いカッコしようと思ってる訳でもなく、ホントにそう思う。でもそれは「一言」だから。もし長くなってもいいんなら延々と話し続けられる。人は誰だって複雑なのだ。

毎日狭い部屋に引き蘢って一人で絵を描いていると、世の中の人々はみんなもっと楽しくて、有意義で、誰かの為になる事を活発に行っているんじゃないかしら?って思う。一人薄暗い部屋に閉じ篭ってなんの役にも立たない、自分の為にも誰の為にもならないつまらない事に捕われて、絵具をこねくりまわしてるだけなんじゃないか?と思う。どうしてこんなところに居るんだろう?どこか遠いところへ行きたいなと思う。そんな事を考えながら、誰も居ない海の絵かなんか描く。

こうやって言葉にしてみると自分のしている事ってなんてみみっちいことなんだろうって思う。でもやめられないんだな、なぜか。

だからきっとよっぽど自分にとって何か楽しい事があるに違いないと思う。
絵を描くってことは。

*

5/19(fri,) 2017

お店の方達が丁寧に設営してくださって、今日から岡山のヒバリ照ラスにてイラスト展が無事に始まっています。一生懸命描いたので楽しんでもらえたら嬉しいです。お近くの方は是非観に行ってみてください。6/10、6/11は広島〜岡山でsakanaのライブがあります。岡山はイラスト展のクロージングイベントになります。あ、あと広島のライブ会場の西条公会堂でも小さなイラストを少し展示しています。是非いらしてくださいね。詳細は以下のページで確認してください。
http://sakanarecords.jp/live.html

一昨日書いた「風景画」はまだ完成していません。でも今日中になんとか完成させて、明日からは月末のライブの事も考えたいな。

*

5/20(sat,) 2017

「絵を描くのが好きか?」と訊かれたら「まあまあ好きかも」くらいに答えられるようになった。対象がなんであれ物事を好きになるにはとても時間がかかる(と思う)。「絵を描くのが大好き」と云えるようになるには一生かかるんじゃないかしら。

人だって同じ事。一生共に過ごさなくては大好きにはなれないんじゃないの?
たった一日で好きになった相手なら三日で飽きちゃうんじゃないかしら?

*

5/21(sun,) 2017

相変わらず時々YouTubeで音楽鑑賞しています。本日はジョン・リー・フッカー。映画「ブルースブラザーズ」で圧倒的にカッコよかったのが印象的だったのが高校生の頃。以降ブルースの人って思うと真っ先に名前が浮かぶこの人。一見スゴい強面の太々しい感じだけど、一緒に演奏する相手をあまり選んでない感じの鷹揚さもありそう。黒人の人と演奏してるのはそうでもないんだけど、白人にもファンが多いので、白人メンバーと演奏しているのも結構多くて、その中には、これでホントによかったの?と訊きたくなるようなセッションもある。でもきっと頓着してないと思う。ジョン・リー・フッカー自身はいつでもどこでも圧倒的に「同じ」

「う〜ん、やっぱさすが図太いね〜」とか云ってるとポコペンさんがこう云う。「え〜〜?なんかズルくない?この人。こんなの私だって弾けるよ」いやいや、そんな事ないって。やっぱこのタイミングとかスゴいでしょ?と云ってみても、「んふふ?(鼻で笑ってる)、ハンマリングしてるだけじゃん。歌だってホ〜ホ〜とか云っちゃって雰囲気出してるけどさ〜、こんなの私だって出来るもん!」いや、、う〜ん、どうかな〜〜?って思うんだけど、まあいいや。

今度の28日(日)に久しぶりにleteでsakanaのライブがあります。新しい曲に挑戦してみようと思います。新アレンジもあると思います。楽しみです。是非いらしてくださいね。詳細は以下ページで。
http://sakanarecords.jp/live.html

*

index